永代供養墓とは

安心して供養できる、永代供養墓のお寺のご紹介をしております。

主には、寺院主体で経営されている、安価な永代供養墓を紹介しております。

八柱霊園 永代供養墓

永代供養墓とは?

数名で共同で利用する共同のお墓の形態です。

お墓がない、納骨をしないでお骨は自宅に置いてある方。後継者がいない。

そのような方でも、やはりどこかにお骨を納骨しなければなりません。

また今は「海洋散骨」という方法も一般的になってきていますが、乗船の費用や、粉骨の作業など、実際は色々と大変なものです。また、故人のよすがが全く無くなってしまう寂しさは、散骨をして初めて気づいた、という方も多いようです。

永代供養墓のメリットは?

墓石代、土地使用代が掛からない事から、経済的に安価であるといえます。

一般的なお墓では、後継者が必要ですが、永代供養墓はその心配もなく、無縁仏になることもございません。

また、申込や諸々の手続きも手間や時間がかからず、申込み当日に納骨できるお寺も少なくありません。

「散骨」とちがい、お墓詣りができ、故人をしのぶことができる。

これは一般的なお墓と変わらないよいところだ言えます。

 永代供養 納骨堂

永代供養墓の種類

永代供養募にも様々な種類があります。

代表的な形式を紹介します。

①従来のお墓の形式

屋外の従来のお墓の形式です。大型の1つの墓石で、合同納骨(合祀)のお墓というのが多い形式です。

②納骨堂

お墓ではなく、納骨堂としての建物に納骨をする形式。

③仏像胎内納骨

阿弥陀如来像等、仏像の胎内にお骨を収める。

④樹木葬など。

また、個別での納骨か、合同の合祀か、お寺によって様々あります。

一定期間は個別納骨で、その後合祀という形もあります。

費用としては個別納骨の方が高くなります。